音楽・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の象徴に亀裂か


ル・クプル離婚していた…デュオは「休止」のまま

久々に聞いたなつかしいグループ名だか、思わず吹きそうになったのが正直な所。
あのグループ?が夫婦関係にあった事を実は知らなかったのはここだけの話で(笑)
っていうか。
ずいぶん聞いてなかったのでとっくに解散していたのだと思っていました、すみません!!

が、しかし。
久々に聞いたと思えば・・・離婚ですか。
まあ夫婦にはないとは言えない離婚という単語。
離婚しない夫婦の方がめずらしいんじゃないかと思う昨今の状況。
続きを読む
スポンサーサイト

iTunesついに決断か!?


考えてみればインターネットがここまで当たり前に普及したのは、

定額制

の効果ではないだろうか。

その辺を考えると、音楽業界のこれからを考えるなら、定額制は考える価値が大いにあると私は思う。
が、未だにそれは実現されていない。

まあいろいろとそりゃいろいろと思うところがあるんだろうな。
企業だから当然といえば当然か。
続きを読む

GLAY、今度のコラボは音楽そのもの?!


4月7日から全国東映系でロードショー公開される映画『大帝の剣』の主題歌として書き下ろしたシングル「鼓動」を、4月4日にリリースするGLAY。

一時は出る曲全部チェックしていたグレイですが、映画の主題歌ですか。
ところでこの映画、和物ですか?
どんな曲になるのか楽しみ。最近ぱっとしなかったから・・・いやいや。
続きを読む

iTunes新サービスも微妙?


 Appleは米国時間3月29日、「iTunes」の新サービス「Complete My Album」を発表した。
これにより、購入するアルバムの中にすでに所有する楽曲が含まれる場合、その楽曲に対してもう1度支払う必要はなくなる。

ちょっと待ってみろ、コラァ!!!
と、思わずツッコミ入れたくなってしまったわたし。
いままでいくつかのソフトを利用してきた自分だが、とある機会にipodを手に入れ、自然とiTunesを利用する事になった。
そんな中でこのニュースを耳にしたのである。
とりあえず突っ込ませろ(笑)と、いう事で。
続きを読む

氷川きよし「赤&青」2作同時発売


 演歌歌手の氷川きよし(29)が新曲を2作同時発売することになった。演歌では昨年2月の北島三郎(70)以来で、自身初の試み。昨年は「一剣」の一本勝負で日本レコード大賞に輝いたが、今年はこの2曲で年末まで突っ走る。

 2作品のタイトルは「あばよ」と「きよしのソーラン節」。ともに夏に向け海をテーマにした作品で、氷川らしい陽気な楽曲に仕上がった。新曲リリースは「一剣」以来1年2カ月ぶりで、5月9日に発売される。

 マドロスをテーマにした「あばよ」(作曲・杜奏太朗氏)について、氷川は「海の男に別れは付きもの。胸に思い出を抱いて去っていく切なさを歌った」。師匠の水森英夫氏が作曲した「きよしの…」は「前向きに生きることの大切さを自分らしく元気いっぱいに歌った」と説明した。

続きを読む

コブクロ、2006年で最も売れたアルバム


 昨年に発売された全作品の中から、売上数という客観的なデータをもとに各賞を授与する、第21回日本ゴールドディスク大賞授賞式が13日、都内のホテルで行われた。倖田來未の大賞受賞が注目を集める中で、アルバム・オブ・ザ・イヤーには、昨年9月に発売されたコブクロのベストアルバム「ALL SINGLES BEST」が選ばれた。続きを読む

絢香が渋谷ハチ公口の大画面ジャック


 シンガー・ソングライター絢香(19)とコブクロが、コラボレーションシングル「WINDING ROAD」の発売を記念し2月28日、東京・渋谷のハチ公口スクランブル交差点の大ビジョンをジャックした。
若者をターゲットにしたCM企画で、同交差点にある3面の大画面の左に黒田俊介(29)、中央に絢香、右に小渕健太郎(29)が同時に登場し15秒歌唱。
この日限定で30回、放送された。同曲は着うたのダウンロード数が80万を突破し、シングルの出荷数が25万枚を突破している。

いいなあ。
ちょっと見たかったなあ。
こういう時には田舎ってあれだなと思う(笑)
印象付けるいい広告だと思う。ああ、見たい。


(引用:ライブドアニュース)

「絢香×コブクロ」コラボ裏話披露


 シンガー・ソングライター、絢香(19)と男性デュオ、コブクロが「絢香×コブクロ」として26日、東京・渋谷TOKYO FMスペイン坂スタジオでの公開生放送に出演した。
 3人での生番組出演は初めてだったが、トークの息はぴったり。
28日にコラボ曲「WINDING ROAD」をリリースするが、小渕健太郎(29)は「ライブを一緒にやる機会があって、そのために書いた曲」と紹介。
メールとメモを交換しながら曲作りしたエピソードを披露し、「絢香さんとはすごい出会いだった。互いの立場から見た夢への道です」と笑顔でコラボ曲をアピールした。
 会場にはファン200人が集結。
絢香は「デビュー前からライブに行っていたコブクロさんと1年後に一緒にやってるなんて。学ぶものがたくさんある」と大感激だった。

自分が普通の一般人だった時に、テレビやコンサート会場で遠くから見ていた人と一緒に何かをやるというのはとてもすごい事。
きっとたくさんの人がそれを夢見て、叶わないまま終わっていくはず。
そんな中それが叶うっていうのは自分が頑張ってそこにいるから。
それゆえの感激なんだろうなあ・・・と思います。

(引用:ライブドアニュース)

スガシカオが音楽賞出演中止


急性気管支炎と発熱のため21日の仕事をキャンセルしたシンガー・ソングライターのスガシカオ(40)が23日、都内で行われたJ−WAVEの音楽賞授賞式を欠席した。

 関係者によると、この日は熱も下がり気管支炎も治まったが、26、27日に東京・日本武道館で行われるデビュー10周年公演のため大事をとったという。24日から武道館公演まで仕事は入っておらず、「万全の状態で武道館に臨みたい」(関係者)としている。

 授賞式には昨年のレコード大賞新人賞を受賞した絢香(19)が登場。「三日月」など2曲を披露した。ほか、EXILE、アンジェラ・アキらが熱唱した。

大切なのは賞よりも自分の仕事の質という事かもしれません。
確かに賞も喜ばしい事ですが、自分だけの記念公演ならば大事を取るのも正解だと思います。
頑張ってください~!!

(引用:ライブドアニュース)

一十三十一 すらりナマ足で魅了


 歌手・一十三十一=ヒトミトイ=(28)が23日、東京・代官山UNITで全国ツアーの最終公演を行った。“媚薬系シンガー”らしく、ミニスカートのワンピースから、すらりと伸びたナマ足をのぞかせ、ファン500人を魅了。大歓声を浴びると「今日はフライデーナイト!たっぷり楽しんで!」と呼びかけ、最新シングル「粉雪のシュプール」など20曲を披露した。3月21日にはアルバム「Girlfriend」をリリースする。

うんうん。
せっかく見せてくれているいいモノはしっかと見ましょう(笑)
いやーなお色気系は話になりませんが、そういうのが売りなら堪能させて頂きましょう←するのか
最初グラビアアイドル系かと思ったんですが、シンガーさんだったんですね。
失礼しました(笑)

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。