クリスピー・クリーム・ドーナツにみる、行列も厭わない独女の心理・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスピー・クリーム・ドーナツにみる、行列も厭わない独女の心理


スイーツが大好きな独女たちの間で今話題となっているドーナツショップ「クリスピー・クリーム・ドーナツ」をご存知だろうか? 

 ざっと「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の概要を説明すると、昨年12月に東京・新宿のサザンテラスにオープン。もともとアメリカでは70年にもわたって愛され続けており、現在は世界10カ国に出店。日本へはこちらが第1号となっている。

 で、何が話題かというと、とにかくすごい行列なのである。平日昼間でも1時間、夕方や週末になると1時間半から2時間は並ばなくては手にいれることはできないとのこと。そこまで並んで食べるほどすごいのだろうか?実際にその行列に並んだ独女たちに話を聞いた。

 まず幼少期にアメリカに住んでおり、当時からファンだったという真理子さん(仮名/31歳)は「やっと日本に来たか!という感じ。本当に美味しいですよ。並ぶ価値は絶対にあります」と太鼓判!

 しかし真理子さんみたいなある意味リピーターはむしろ少数派。ほとんどは今回日本初上陸で「初めて食べる」という人であった。しかも「一言でいえばミーハー心。1時間以上並んで手に入れる話題のドーナツがどんな味か興味があった」(26歳/事務)「話のネタに並びました(笑)。並んでいる最中に出来たてのドーナツを試食させてもらえるんですけど、美味しかった」(30歳/家事手伝い)

 なんだかこう聞くと「1時間以上並ぶ」という要素がまったくマイナスではなく、むしろ“話題”“話のネタ”となってプラスになっているのである。話題になって行列ができ、それがまた話題になってさらに行列ができる……まさに行列のスパイラル状態。

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」以外にも、このような行列スパイラルで話題となったスイーツは数多く存在する。最近だとこちらも本場アメリカより昨年9月に上陸したアイスクリームショップ「コールドストーンクリーマリー」。オープン当初は爆発的に行列が伸び、今でも冬にもかかわらず連日大行列中だ。それにしても独女の“話題のスイーツ”に対する食いつきの威力は凄まじいものがある。いくら“話のネタ”になるからといって、それを代償に1時間以上も行列してしまうその情熱はどこからくるのか?

 そのヒントを探るべく、実際に話題の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」へ足を運び、実際に行列へと身を置いてみることに。

 とにかく噂通りの大行列だったのだが、面白かったのはその様子をデジカメや携帯カメラで撮影している人がかなり多かったこと。もしやこれはブログやSNSでネタにするのか? 帰宅後パソコンでチェックしてみるとその通りだった。ブログをざっと検索すると、クリスピー・クリーム・ドーナツの行列をネタにしたものはかなりの数が出てくる。

“1時間以上も並んで買ったスイーツ”がどんな味か?結局みんなこのことがすごく気になるし、それは実際に並んだ人じゃないと分からない。それで、並んだ人はその成果を誰かに話したくて仕方がないのだろう。そういった人のために、ブログやSNSといった自己表現の場がいとも簡単に提供されている近年。反応だってコメント機能でダイレクトに返ってくるし、ネタとしては本当にちょうどいいのかもしれない。そう考えると行列に拍車がかかるのは当然か。

 結局1時間半並んで手に入れたのだが、気になるのは「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の味だろう。

 まず気に入ったのは生地がフワフワなこと!これは確かに他のドーナツとは違って美味しかった。しかしこのフワフワ感は時間が経つと損なわれるのだが、その場合は電子レンジで数秒(お店の推奨時間は8秒)暖めればOK。今なら行列必須だが、興味がある方はぜひチャレンジを。

■関連リンク
クリスピークリームドーナツ

理解できない人には理解できない、この甘い物にかける情熱。
情熱っていうか欲望っていうか(笑)
確かに並ぶ為に費やした時間というのは帰ってこない。
けれどそれに見合うまたはそれ以上の満足感が帰ってくるのだ。
まあはずれもあるけれど、それでも自分の舌で確かめ、それを人に話す時の充足感(笑)
一人よりも先に情報を得、それを人に話して聞かせる快感はそう簡単には手放せないのではないだろうか。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。