寺島しのぶ“ハーフの歌舞伎役者に・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島しのぶ“ハーフの歌舞伎役者に


 フランス人アートディレクターのローラン・グナシアさん(39)と2月26日に入籍した女優の寺島しのぶ(34)が6日、都内で結婚報告会見を開いた。現在の気持ちをフランス語で「トレ・ボーン(とっても幸せ)」と笑顔を見せると、「子供は2人ほしい」と話し、歌舞伎役者にする計画まで披露した。挙式は4月26日に東京・日枝神社で、披露宴は同日、都内の美術館で行う。ハネムーンは未定。
 ハーフの子供を歌舞伎役者にする-。梨園からの国際結婚に続いて、常識にとらわれない寺島の、ぶっ飛び発言に報道陣からどよめきが起こった。
 この日朝、親せきで女優の波乃久里子からもらった祝福の電話で「男の子ができたら絶対に歌舞伎役者にしなさい、と言われた」ことを告白。実現すれば、400年以上に及ぶ歌舞伎の歴史を覆すようなできごと。親せきからの強力プッシュに、寺島はワクワクするように笑顔満面となった。
 グナシア氏とは05年11月、都内での映画祭で知り合った。寺島の一目ぼれで、電話攻勢で猛アタックした。誕生日の12月28日に食事に誘うと「ぼくも同じ誕生日です」。運命を感じた。
 プロポーズは1月21日、千葉の海でグナシア氏が砂浜に英語で「ぼくの奥さんになってくれますか?」と書き、寺島は「ウィ」とフランス語で答えた。結婚指輪はグナシア氏がデザインのダイヤ。入籍した2月26日、寺島が玄関を開けると、ひざまずいたグナシア氏が無言で差し出した。
 寺島はグナシア氏を「海みたいに大きな人。父に似ている」と話した。お互いを「ロロ」「しのぶ」と呼び合い、2人の間のやりとりは「心(シン)グリッシュ。英語だけど、心臓と心臓で話す」そう。さらに「エブリタイム・キス」「家事は折半」と梨園の世界とはかけ離れたような生活だが、父・尾上菊五郎も母・富司純子も歓迎しているという。
 浮気について寺島は「両親を見てきたから」と寛容な姿勢。だが、この日の“幸福の黄色いワンピース”姿にピカピカの笑顔を見ると、当分心配なさそうだ。

とりあえずめでたいニュースはいい。
これがどれだけ持つかはとりあえず、置いておいて(笑)
末永く幸せになって下さいね。
いや、ホント。


(引用:ライブドアニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。