ボンズが噂の魔球、ジャイロ・ボールをDVD観賞・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンズが噂の魔球、ジャイロ・ボールをDVD観賞


 バリー・ボンズが“ジャイロ・ボール”をDVD観賞。肩をすくめて「分からんな」と発言―。ニューヨークの地元紙「ニューヨーク・ポスト」紙の電子版は22日付けで、松坂大輔の持つ魔球として、米国での認知度を広めたジャイロ・ボールについての記事を掲載。今週、渡米した同ボールの研究者、手塚一志氏が、前日、アリゾナ州のスコットデールスタジアムのクラブハウスを訪問して、サンフランシスコ・ジャイアンツの主砲、バリー・ボンズと共に、DVDでジャイロ・ボールを観賞したことを報じた。

 記事によると、DVDの中では、2000年の日米野球で、ジャイロ・ボールを投げると言われる川尻哲郎投手が登板。打者のボンズがボールの下を叩いて、中堅への凡フライに終わったシーンを観賞。記者から「あれは、ジャイロ・ボールだったか?」と尋ねられたボンズは、肩をすくめて、「分からんな」と語ったという。

 手塚氏は、95年から12年に渡ってジャイロ・ボールを研究。松坂大輔投手のレッドソックス入りで、魔球の名称は、全米でも大きく取り上げられるようになったが、実際はスクリューボールのことだ、とか、いや、カッターだとか評価はまちまちで、御伽噺だと一笑するコーチ陣も多い。そのため、今回、ジャイロ・ボールの実在を証明するために、手塚氏はキャンプ地を訪問していると、報じている。

自国のスポーツ選手がここまで注目されているという事実がちょっと嬉しい。
体格的にも精神的にもどうしても海外より劣っている感が否めない日本としては。
こうしてまあマスコミちっくにムダに騒いでみてるのも含めても、海外で活躍する人が増えているというのは誇らしい事だ。
でもとりあえずボールの種類なんてどーでもいいのではないかと思わないでもないんだけど、その辺どうなんだろう(笑)


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。