全日空機、高知空港に胴体着陸・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空機、高知空港に胴体着陸


2007年3月13日午前9時ごろ、大阪(伊丹)空港発高知龍馬空港行きの全日空1603便の機体の前輪が出ない状態になり、着陸前に1時間余り高知龍馬空港上空を旋回した末、10時54分に胴体着陸した。後輪から着陸し、機首周辺に火花を散らしながら滑走路上に停止した。炎上や爆発はしていない。NHKによると、同機には乗客56人、乗員4人が搭乗していたが、いずれもけがはなかったという。

使用されていたのはカナダのボンバルディア社製のDHC8-400型で、74人乗り。同機をめぐっては、トラブルによる目的地変更や出発地に引き返すなどが相次いでおり、07年に入ってからも、トラブルが原因で1回欠航したほか、2回にわたって出発地に引き返している。06年4月には、国土交通省の担当者が、ボンバルディア社が本拠地を置くカナダを訪問、航空当局や同社に改善を求めてもいた。

う・・・わー・・・。
まさに不幸中の幸い。
飛行機事故で死人出ないなんて奇跡、だね。
ブラボー、パイロットな感じです。
ですが、その前に。
前から問題視されてんならとっとと直せ。
どっちみち問題になったらなんとかしないといけないんだから、何もないうちになんでなんとかしないかな。
取り返しの付かないことになったら、引き返せないんだってのに。
ホンットもう少し人の命を重く考えて欲しい物だ。


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。