津軽三味線全国大会V3の高校生・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽三味線全国大会V3の高校生


 天才三味線奏者がCDデビューすることが23日、分かった。04年に津軽三味線全国大会に史上最年少で優勝し、その後3連覇を達成した現役高校生の浅野祥(あさの・しょう=16)で、3月21日にアルバム「祥風」を発売する。

わ、若!!!!
今時の人たちは三味線とかろくに存在も知らないんじゃないかと思ってたんですが、そうでもないんですねー。
日本の文化ですから、やはり嬉しいですね。
まあ昔とはちょっと感じが変わってはいますが、それでもその時代に合った音楽であればいいと思います。

 浅野は祖父の影響で5歳から本格的に津軽三味線を始めた“三味線エリート”。1998年、8歳の時に史上最年少で全国大会(15歳以下の部)に初出場し、いきなり優勝。その後もキャリアを重ね04~06年の全国大会で3連続優勝の快挙を達成した。05年の愛・地球博でコンサートを行ったことや、同年にORANGE RANGEのコンサートにゲスト出演し「キズナ」の演奏を担当した経験もある。

 アルバムには定番の「津軽じょんから節」などのほかオリジナル曲「祥風」も収録しており「原点は民謡だけど、新しいこともとりいれていきたい」と念願のCDデビューを果たしやる気十分だ。

 三味線では吉田兄弟が国内外で有名だが「機会があったらぜひ共演したい。あと女性歌手の方とコラボレーションしてみたいです」と夢は大きい。3月29日に渋谷DUOでデビュー後初ライブを行うことも決定した。

 ◆浅野 祥(あさの・しょう)1990年3月2日、宮城県生まれ。16歳。3歳6か月で和太鼓を始め、5歳で三味線を始める。98年から9年連続で全国大会出場。170センチ、60キロ。血液型B。

吉田兄弟とコラボレーション、確かに面白そうだ。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。