最低賃金法違反:タクシー運転、時給278円・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金法違反:タクシー運転、時給278円


 ◇盛岡労基署

 最低賃金法で定められた時給に満たない賃金で運転手2人を働かせていたとして、盛岡労働基準監督署は13日、盛岡市玉山区好摩の「藤内タクシー」と同社の藤内市太郎社長(81)を最低賃金法違反の疑いで盛岡地検に書類送検した。

 同労基署の調べでは、06年9~11月に従業員のタクシー運転手2人を法律で定められた最低賃金、時給610円(06年9月までは608円)に満たない時給で働かせていた疑い。同社は、売り上げを運転手と会社側で折半する歩合制を採っている。月収を総労働時間で割ったところ、同期間で最も少なかった月は時給278円。最も多かった月でも時給465円だった。

 運転手2人は、それぞれ毎月220時間程度働いていたが、売り上げが少ない時は70歳代の男性で月収が6万円ほどだった。少なくとも06年4月以降は毎月、最低賃金を割り込む賃金しか支払われなかったという。

 50歳代の男性従業員は「電気代や電話代などが払えず、社長に前借りしていた。辞めるに辞められない。同業他社が店じまいする午前0時以降も営業するため、サービス残業を強いられる」とこぼす。

 06年9月に従業員から労基署へ申告があり発覚。同月には是正勧告を行ったが無視。行政指導を5回以上行ったが改めなかった。

 ◇しわ寄せ、人件費に

 タクシー会社の安い賃金の一因として、県立大総合政策学部の元田良孝教授(交通工学)は「タクシー業界のような労働集約型産業では、コスト削減のしわ寄せは人件費に向かう」と説明する。

 需給調整規則の廃止を柱にした02年2月の規制緩和以降、タクシー会社の新規参入や増車が容易になった。国土交通省岩手運輸支局によると、規制緩和直前の01年末に県内のタクシー業者は157社2527台だったが、5年後の昨年末には201社2673台に増加した。盛岡市だけでみると、19社から40社に急増した。

 「限られている需要を奪い合う形になる。1台あたりの売り上げが減少し、従業員の賃金も低下するのは全国的な傾向だ」と元田教授は話している。

自給が 時給278円?
多くて時給465円ってどゆこと!?
こんなんで一ヶ月220時間働いて・・・月収が6万円!!!
くたくたになるまで働いて生活できない報酬ってどうよ!?
冗談じゃない。
バイトの方がよほど収入があるわ!!!
そりゃもうどかんとつかまってしまえ。つかまっておけ。
人を人として扱ってないのと変わらないですから。
残業代が出ないのは現在多いけど、これはひどすぎる。


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。