氷川きよし「赤&青」2作同時発売・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷川きよし「赤&青」2作同時発売


 演歌歌手の氷川きよし(29)が新曲を2作同時発売することになった。演歌では昨年2月の北島三郎(70)以来で、自身初の試み。昨年は「一剣」の一本勝負で日本レコード大賞に輝いたが、今年はこの2曲で年末まで突っ走る。

 2作品のタイトルは「あばよ」と「きよしのソーラン節」。ともに夏に向け海をテーマにした作品で、氷川らしい陽気な楽曲に仕上がった。新曲リリースは「一剣」以来1年2カ月ぶりで、5月9日に発売される。

 マドロスをテーマにした「あばよ」(作曲・杜奏太朗氏)について、氷川は「海の男に別れは付きもの。胸に思い出を抱いて去っていく切なさを歌った」。師匠の水森英夫氏が作曲した「きよしの…」は「前向きに生きることの大切さを自分らしく元気いっぱいに歌った」と説明した。

 作詞はいずれも、氷川のデビュー曲「箱根八里の半次郎」を手掛けた松井由利夫氏。氷川は「初の2枚同時リリースで僕自身も驚いたけど凄くうれしい」とコメントしている。

 その年の勝負作を年末まで歌い続ける演歌界で、複数作品の同時発売は異例のこと。氷川自身も昨年は「一剣」の一本勝負だったが、所属レコード会社は「日本レコード大賞を受賞して今年は新たな挑戦の年。2曲とも成功できるだけの力があると判断して2作同時に踏み切った」としている。CDジャケットもビートルズの赤盤(「きよしの…」)、青盤(「あばよ」)を意識させる色分けでファンにアピールしていく意向。

 当面の目標は、演歌界初のオリコン総合チャート1、2位独占。05年の「初恋列車」で総合チャート1位、昨年の「一剣」は同2位を記録しており、可能性は十分。氷川は「今年はこの2曲で2倍頑張る。ファンの皆さんも2倍楽しんでほしい」と意気込んでいる。

またまた若がやってくれるもよう。
同時発売も今ではそんなにめずらしくない。
ないが、演歌では二人目だという。
肩身の狭い思いをしている演歌というジャンルを盛り立てている代表格と言っても過言ではないだろう。
そんな彼のがんばりの作品でまた奥様方のキャアキャアと甲高い声が響くのではないだろうか(笑)

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。