脳疾患で力士生命の危機・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳疾患で力士生命の危機


 大関・栃東(30=玉ノ井)が脳疾患で力士生命の危機に立たされていることが分かった。22日、頭痛を訴えて休場したが、師匠で実父の玉ノ井親方(元関脇・栃東)は近日中に出る精密検査の結果次第では、そのまま引退する可能性を示唆した。大関陥落なら引退を明言して臨んだ8度目のカド番場所を、10日目に脱したばかりだった。休場は昨年夏場所以来16度目。幕内優勝3度の名大関の病状が心配される。

 場内にアナウンスされた栃東の休場理由は「高血圧」だったが、事態はさらに深刻だった。玉ノ井親方によれば、栃東は今場所初黒星を喫した8日目頃から片頭痛に悩まされていたという。当初は首痛と考え、首を引っ張る外科的治療を受けた。ところが一向に良くならなかったため、朝稽古を休んだこの日、大阪市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けたところ脳疾患が判明。そのまま緊急入院することになった。
 玉ノ井親方は「医師から、出場したら命の保証はしないと言われた。本人も診断を聞いてビックリしていた。吐き気がすると言っていたのも心配。頭だから徹底的に調べたい」と厳しい表情で語った。MRI検査には、過去に起こした脳疾患のあととみられる影も映っていた。普段140の血圧が180まで上がっていたことから血圧を下げ、頭痛を緩和する薬の処方を受けた。

 日本相撲協会には「高血圧で5日間の安静、治療が必要」との診断書を提出して休場した。しかし、病名や全治はあくまで暫定的なもの。検査結果を待って、都内のかかりつけの病院で再度精密検査を受けることも検討している。「母親(千夏さん)も高血圧体質。スポーツ心臓で肥大しかかっているらしい。引退?検査の結果次第では(現役続行は)無理だろう。医者と相談です」と玉ノ井親方は、今場所限りで引退する可能性もほのめかした。

 一難去ったばかりだった。「序盤の5日間で4敗なら考える」と大関陥落なら引退の覚悟で臨んだ8度目のカド番場所。初日から7連勝し、一時は優勝争いにも絡み、10日目に勝ち越しを決めていた。

 昨年末に左ひざの遊離軟骨を除去する手術を受け、半月板を3割切除して慢性的な痛みを抑えた。初場所は休場する選択もあったが、あえて稽古不足のまま挑み10敗しても皆勤。土俵勘を失わないことを第一に今場所に備えたことが奏功した。カド番を脱出した10日目の取組後は「先場所出たことが結果につながったと思う。2ケタに乗せられたらいい」と終盤戦への意欲を語っていた。肩の骨折など数々のケガを乗り越え、これまで3度の賜杯を手にした。星勘定では引退の危機を乗り越えたが、予断を許さない事態になった。

なんていうか・・・続く時は続くのがアクシデント。
でもこのアクシデントはもうどうにかしてくださいって感じ。
しかも命にかかわる大事なんて、どうしろっていうのかと。
しかもこういうなりえる人が限られている職に(職というのか)こんなアクシデントっていうのは・・・。
誰でもなれるわけじゃないからこそ・・・もったいない。
かといって数年欠場すればいい状態だとしても、それからだと遅すぎる?
ギリギリ崖っぷちには違いない。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。