高原、神話続ける 決めれば負けない・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原、神話続ける 決めれば負けない


 高原が「不敗ゴール」を決める!日本代表は24日、横浜・日産スタジアムでペルーと激突する。FWでは記念すべき07年初戦で欧州組の高原直泰(27=フランクフルト)がオシム日本デビューを飾る。国際Aマッチ通算得点は17点で、ゴールした試合は9勝3分けと不敗神話を誇る。またDFでは中沢佑二(29)が日本代表DF史上最多の通算10ゴール目を狙う。

 圧巻の“3人抜き”だった。金色のメッシュが入った髪を振り乱した高原が縦に鋭く突破、一気にゴールを決めた。最後の実戦練習でみせた強烈な得点シーン。初めて2トップを組む巻との連係も不安はない。「多少強引でもシュートに行くのがFW。多少のエゴは持ってもいい」。DFの裏へ抜ける動き、ポストプレー、すべてに自信があふれていた。

当たり前だが敵も勝つ為に戦っているのだから、そうやすやすと攻め込めない。
そんな中ドーッ!!と切り崩して敵のゴールに掛けていく様は何度見てもカッコイイ!!!


 決定力不足のオシムジャパンが、待ち焦がれた存在だ。現在、国際Aマッチ通算得点は17で歴代ランクの8位タイ。得点した試合は9勝3分けと無敵の不敗神話を築く。最後の得点は昨年5月、アウエーのドイツ戦(2―2)をドローに持ち込んだ衝撃の2発。17点中14点を海外で決めており、苦しい時こそ頼りになる真のエースだ。

 所属するフランクフルトでは9日ニュルンベルク戦で欧州日本人初の4戦連発をマークした。リーグ10得点も98~99年ペルージャ時代の中田氏に並び最多記録タイ。練習中はオシム監督ともドイツ語で積極的に言葉を交わし、2トップを組む巻とも「常に動いて行こう」と声を掛け合う。チームの柱としての自覚が見てとれた。

 待望のオシムジャパンデビュー戦。「FWなんで常にゴールを意識したい」と決意を語った。試合会場は02年W杯日韓大会の決勝が行われた横浜。まさかの肺血栓(せん)症でW杯を棒に振った悪夢を葬り去る絶好の舞台でもある。「時差ボケもあるけどピッチに立てば、それはオレの問題。見てる人には関係ない」。進化するフランクフルトと同じ「19番」を背負う背中にエースの風格が漂っていた。

苦しい時の一点。
崖っぷちの時のその一点をもぎ取れる本番の強さこそがエースの条件だというなら、まさにこの人こそそうなのではないだろうか。
いまいちの評判だったオシムジャパンの台風の目、救世主になってくれることを祈る。


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。