第四のビール戦争勃発・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四のビール戦争勃発


「第4のビール」戦争が激しさを増している。
ビール各社が、この市場へ次々と参入することを明らかにする中で、サッポロビールは2007年4月25日、「W‐DRY」の発売を発表した。
「第4のビール」は、従来の第3のビールとは違って、麦芽を使った新しい商品。
「麦芽由来の飲みごたえ」を売り物に、今夏のビール業界は、「第4のビール」を巡って熾烈な競争が展開されそうだ。

春うらら。
これからだんだんと気温が上昇していくこの季節。
来るであろう「ビール」業界大戦争が始まる模様。

それも 第四のビール と呼ばれるものが。
サッポロの「W‐DRY」は麦芽使用率25%の発泡酒に、スピリッツ(蒸留水)を混ぜたリキュールタイプで、ネーミングのとおり、ドライ発泡酒とドライスピリッツの「W‐DRY」が特徴だ。味の「キレ」や「爽快感」、「辛口」を目指した味づくりで勝負を挑む。

「第3のビールである『ドラフトワン』がスッキリ感、『うまい生』がコクや味わい、飲みやすさを追求したのに対して、『W‐DRY』はズバッとキレる飲みごたえにこだわった」(サッポロビール)

ビール業界の競争が恐ろしく激しいのはよくテレビでその辺が実録で放映されるのを良く見るからなんとなく分かる。
しかもこれから来る夏の到来にあわせて目玉のビールが続々と乱入してくれるに違いない。
作る側は必死だろうが買う側としてみれば、選ぶ幅が広がって嬉しい悲鳴に違いないのだが、しかし。
いろいろありすぎてどれがどう違うのかわかりませんが。


「W‐DRY」は「オトナの渇きを癒す。」をコンセプトに、お客が止渇系を最もほしがる夏本番直前の6月27日に、全国一斉発売する。アルコール分は5%。種類は350ml缶と500ml缶があり、メインターゲットを30~40歳代に据えた。価格は、オープン価格。07年内に400万ケース(1ケース大瓶20本換算)の売り上げを目標にしている。

麦芽を使って、飲みごたえのある味を実現したのが「第4のビール」。キリンビールが5月23日から「良質素材」の販売を始める。さらに、サントリーも6月までに新商品を投入する計画だ。それに、サッポロの「W‐DRY」。今夏のビール業界は、「第4のビール」の話題で盛り上がりそうだ。

夏本番のちょい前の6月27日。
発売が楽しみだ。
もちろん他社のいろいろな品揃えも今からとても楽しみである。
が、しかし。
飲めば食べ太ると言うのが悩みの種か(笑)


引用 ライブドアニュース
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。