カリスマ、主婦廃業・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスマ、主婦廃業


世間の主婦層からカリスマとあがめられていた「カリスマ主婦モデル」の黒田知永子(45)が実は離婚したという記事が飛び込んできた。
主婦のカリスマ。
言うても、最近増えた主婦業のカリスマでなく、主婦でありながらモデルのカリスマなのだから、別に離婚したからと言って何があるわけでもないし。
そうだね。いろいろあるよねって事か。
逆に主婦カリスマモデルなら忙しいはずだ。

それに対しての旦那の協力が全くないというならそれは負担が大きくなるのもしょうがないのではないだろうか。
その辺の不満が蓄積されたのがとうとうぶっちぎれた、それだけで。
 「カリスマ主婦モデル」の黒田知永子(45)が離婚していたことが31日、分かった。
所属事務所を通じてファクスで「5月末に16年間の結婚生活に終止符を打つことになりました」とコメント。
今週初めに離婚届を提出したという。

 「夫婦の数だけそれぞれに形があり、それぞれにトラブルがあり、そしてそれぞれの選ぶ道があると思っています。そして選んだのがこの道です」としながらも真相については明かしていない。

なるほど、全くその通り。
上手くいく夫婦もあれば壊れる夫婦もある。
と、いうかこの昨今壊れる二人の方がダントツ多いわけだから、別にだからなんだというわけでもない。
真相なんて夫婦のすれ違いとか考え方の相違とかまあいろいろあるだろう。
きっとそんな事が問題ではないと思うんだけど、まあ知りたがりの世間はそんなもんなんだろうな。
私はさっぱり興味ないけど。それでも尚輝けるというならそれでいいのではないだろうか。
まあカリスマ、主婦というのは違ってしまったけども。


 2歳年上の会社員男性の夫とは昨年から別居状態だった。関係者によると、慰謝料などはなく、今後も「黒田知永子」の名で活動する方針。

 黒田は短大在学中からモデルとして活躍。結婚した91年、長女を出産したのを機に仕事を休んでいた。95年、雑誌「VERY」(光文社)の創刊と同時に復帰。「チコ」の愛称で主婦層のカリスマとして君臨し、新しい“ミセスライフ”を次々と提案してきた。

 私生活では2世帯住宅で夫の両親と生活。順風満帆な家庭を築いていたかのように見られたが、昨年、黒田が長女を連れて家を出た。当時のインタビューで「主人はけっこう忙しいので、あんまり家事には協力的ではないです」などと話しており、夫や夫方の家族とのすれ違いが離婚の原因とみられている。

まあその人に限らず母親に甘やかされて育った男はやってもらうのがそもそも当たり前感覚であり、ダメっ子が多いんでありがちだなと。
と、言ってもちゃんと育てられている人はいるわけだから、まあ親の問題なんだろう。
男がダメというわけではないし。女にもいるし(笑)
逆に奥さんの方が収入が多くてそのコンプレックスもあったりしてねなんてちょっとかんぐってみたりするが。
まあそれもあるんじゃないかな。
そういう甘やかされた人はよいしょされるのになれて、意味のないプライドがエベレスト並に高いから。
きちんとできた上でのそれならともかく自分のダメっぷりを棚に上げてプライド云々いわれてもなあ・・・なんて。


 長女の親権は黒田が持ち「これからも子供とより真摯(し)に向き合っていきたい、というのが今の思いです」としている。

 ◆黒田 知永子(くろだ・ちえこ)本名樫本知永子。1961年(昭36)6月3日、東京都生まれの45歳。成城学園大学短期大学部在学中にモデルデビュー。1メートル65、B79、W60、H85。03年、ベストジーニスト賞受賞。趣味は美術観賞、テニス。血液型AB。

引用 ライブドアニュース
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。