音楽・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・芸能界・ゲーム業界等々、さまざまなジャンルの気になる出来事に自分視点でツッコミ入れまくります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽三味線全国大会V3の高校生


 天才三味線奏者がCDデビューすることが23日、分かった。04年に津軽三味線全国大会に史上最年少で優勝し、その後3連覇を達成した現役高校生の浅野祥(あさの・しょう=16)で、3月21日にアルバム「祥風」を発売する。

わ、若!!!!
今時の人たちは三味線とかろくに存在も知らないんじゃないかと思ってたんですが、そうでもないんですねー。
日本の文化ですから、やはり嬉しいですね。
まあ昔とはちょっと感じが変わってはいますが、それでもその時代に合った音楽であればいいと思います。

 浅野は祖父の影響で5歳から本格的に津軽三味線を始めた“三味線エリート”。1998年、8歳の時に史上最年少で全国大会(15歳以下の部)に初出場し、いきなり優勝。その後もキャリアを重ね04~06年の全国大会で3連続優勝の快挙を達成した。05年の愛・地球博でコンサートを行ったことや、同年にORANGE RANGEのコンサートにゲスト出演し「キズナ」の演奏を担当した経験もある。

 アルバムには定番の「津軽じょんから節」などのほかオリジナル曲「祥風」も収録しており「原点は民謡だけど、新しいこともとりいれていきたい」と念願のCDデビューを果たしやる気十分だ。

 三味線では吉田兄弟が国内外で有名だが「機会があったらぜひ共演したい。あと女性歌手の方とコラボレーションしてみたいです」と夢は大きい。3月29日に渋谷DUOでデビュー後初ライブを行うことも決定した。

 ◆浅野 祥(あさの・しょう)1990年3月2日、宮城県生まれ。16歳。3歳6か月で和太鼓を始め、5歳で三味線を始める。98年から9年連続で全国大会出場。170センチ、60キロ。血液型B。

吉田兄弟とコラボレーション、確かに面白そうだ。

(引用:ライブドアニュース)

ペニシリン敗訴、230万円賠償命令


ロックバンド、PENICILLIN(ペニシリン)が所属していた音楽事務所が、バンドメンバーらが移籍前に楽器や衣装を無断で持ち出したとして約2300万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決で、東京地裁は23日、約230万円の支払いを命じた。鯉沼聡裁判官は損害額について「時代のせいか音楽が評価されず、当初ほどの人気が全くない」というメンバーの供述を基に「購入当時の価格で売れるとは考えられず、10%程度」と判断。音楽事務所は「マニアの間で購入価格以上の値が付く」と主張していた。 と、いうか。 最初からマニアに売りつけるつもりなんですか・・・? 商売道具、または商品の一部として取り返したいとか思ってたわけではないんですか・・・。 まあいいんですが。 (引用:ライブドアニュース)

森進一が謝罪訪問も門前払い?


歌手の森進一(59)が、ヒット曲「おふくろさん」に勝手にセリフを入れたとして作詞家の川内康範氏(86)ともめている問題で23日、川内氏が宿泊している都内のホテルに謝罪に訪れた。しかし面会できず、直接謝罪は持ち越しとなった。

 森は正午前、曲の著作権などを管理する関係者らと現れ、ホテルの支配人を通じて面会を求めた。ホテルの喫茶店で約55分間待ち続け、断念。川内氏にあてた手紙をフロントに預け、うつむきながらホテルを出た。取材陣に「会って謝りたかったけど、お目にかかれず非常に残念です」と語り、手紙の内容は明かさなかった。

 川内氏はこの日外出しており、森が訪れた際に不在だった可能性があるという。川内氏は25日にも自宅がある青森へ戻る予定。森は「また直接謝りに来たい」とし、24日の訪問もほのめかした。川内氏側は「しばらく静観したい」としており、騒動は長期化する恐れもある。森は「青森に謝罪に行く意向は?」の質問に対して「まだ先のことなので分からない」と話すにとどめた。

年を取ると意固地になるというしなあ・・・。
まあどっちみち誠意を持って謝罪するしか手がないというか。
怒る気持ちもわかるし。

でも取り付く島も無いというか、問答無用っていうか・・・。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © ニュースにいろいろツッコミ隊 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。